ダイエット臭について

過度の食事制限で体臭がきつくなることがあります。

これが「ダイエット臭」というものです。

空腹時に甘酸っぱい臭いが口や身体からしているのを感じたことはないでしょうか。

特に口臭が空腹時に独特の臭いになるのを経験されたことは誰しもあると思います。口が渇いた状態でも口臭はきつくなります。

ダイエット臭の対策

ダイエット臭の手っ取り早い対策法は、食べることです。食事をしっかりと取るだけで、ダイエット臭は良くなっていくでしょう。

食事をしっかり摂取してもダイエット臭が改善されない場合は、病気の可能性もあります。

糖尿病などの病気でも同様の甘酢っぱい臭いがしてしまいます。この臭いは「ケトン臭」と呼ばれています。

ダイエットに励むことは悪いことでありませんが、過度の食事制限によるダイエットは体調不良や病気の原因にもなりかねませんので、極端な食事制限は厳禁です。

食事制限によるダイエットを行う場合は、適度な食事制限を守り、バランスの取れた食生活を行うようにしましょう。

ダイエット臭と汗の関係性

過度のダイエットによる基礎代謝の低下が続くと、血行不良になることがあります。

血行不良もダイエット臭と関係性があります。

代謝が悪くなり血行不良に陥ると、乳酸がたまります。乳酸はアンモニアと一緒に汗として出ていきます。

食事制限による過度のダイエット→代謝が悪くなる→乳酸がたまり、汗をかいたときにアンモニア臭さが強くなり、臭いがきつくなる

血行不良を改善するには適度な運動が必要です。柔軟体操やウォーキングなどの有酸素運動などで代謝を高めて改善することができます。

過度の食事制限によって、脇汗の量が多くなったという方もいらっしゃいましたが、食事制限が原因での体調不良か自律神経が乱れたのだと思われます。

服に染みができるほどの脇汗が出るようになって本当に困ってらしたのですが、こちらのサイト→脇汗を止める方法で奨められていた商品を使ったところ、脇汗が止まったとのご報告を受けたので、同じ悩みを抱えている場合は試してみるといいかもしれません。

まとめ

ダイエット臭がするということは、代謝がうまくいっていないという警告ととらえていいと思います。

食事制限によるダイエットで減量には成功しているのかもしれませんが、身体が臭いによって警告を発しているのですから、ダイエット方法を見直して、身体に負荷をかけすぎないようにしましょう。

自分に合ったダイエット方法を探して、決して無理をせず健康的に痩せるダイエットを続けていくのが最善の方法なのだと思います。

ダイエットは停滞期を乗り越えれば、自分に自信が持てる

ダイエットはまず自分に合うのを見つけることです。

私は今までいろんなダイエットをしてきました。

例えば、炭水化物抜きダイエット、ひたすらダンスを踊って燃焼させるダイエットです。

特に効果があったダイエットは炭水化物抜きダイエットです。

炭水化物抜きダイエットは全ての炭水化物を抜くのではなく、私の場合は夜だけ炭水化物を抜いておかずだけ食べるといった感じで行っていくダイエットです。

朝ご飯は1日の源でもありますのでしっかりと食べることが重要になってきます。

そしてお昼ご飯の時はいつもお弁当ですが、米を白米から玄米に変えて食べていました。

そうして2ヶ月ほどで5キロの減量をすることが出来ました。5キロの減量の道のりは本当に長いものでした。

やっぱり最初の2週間ぐらいは結構落ちるのですが、停滞期というものに入るとなかなか落とすことが困難になってきます。

それを乗り越えればまたさらに体重が落ちるので、停滞期が頑張りどころです。

停滞期は誰にでもあります。そこで断念をしてしまう方も多いです。

ここが頑張りどきでせっかくそこまで落としたのにそこが頑張れないだけでまた元に戻ってしまうなんてとっても悲しいことです。

そこを乗り越えることが出来たら自分に自信が持てます。

ダイエットですが、また最近始めました。ダイエットのためにジムに通い始めました。

5キロ減量しただけでは私の美容体重にはほど遠いのが、ダイエットをまた始めた理由です。

私の身長は157センチです。

私の美容体重は45キロから47キロです。ここまで持っていくのにあと7キロ落とします。

私は現在スポーツジムへ通って4ヶ月がたちます。

ダイエットの目的でスポーツジムへ入ったのですが、運動をしているからと食べてばかりいるので、体重はまったく変化なしなのです。

それでは毎月払っている会費がもったいないのですが、ここであきらめてしまったら、いつまでたっても自分に自信が持てないままになりそうな気がするので、通い続けています。

最近はスポーツジムへ行くのがとってもおっくうになりつつあります。辞めようと考えたこともあります。

ですが、美容体重のあと7キロを落とすまではスポーツジムに頑張って通うと心に決めています。

今年の夏までに痩せて、かわいい水着を着て、男子たちにビーチでちやほやされるという目標が私にはあるのです。ジムに通うのは手痛い出費ですが、その目標を胸に頑張っています。

糖尿病予備軍と診断されたサラリーマンが、食事療法をせず運動だけで健康的にダイエットに成功した話

私は会社に勤務して15年になるサラリーマンです。

私は最近なのですが、とても太ってきました。今年の健康診断では、脂肪率がとても高くなってしまいました。

私は健康診断で、糖尿病かもという診断を受けました。

私は大きい病院に行き診察を受けました。糖尿病の一歩手前ということでした。

このままでは糖尿病になるので、ダイエットを行うようにとお医者さんから言われました。

私はそれからスイミングに通い始めて、朝は毎朝1時間のジョギングをしております。

私は時間をかけてのダイエットを考えていますので、食事療法は一切しておりません。

病院の先生の話では、運動をすれば食事はそれほど制限をしなくても良いという事でしたので、食事は変えていません。

運動をするせいか、とても食欲が有り今までよりも多く食べるようになりました。

病院の先生の話では、運動をしていれば食べても痩せるということでしたので、先生の言いつけを守って運動を続けていました。

先日は体重計に乗ると驚きました。一ヶ月で三キロほど減っていました。

私は、これが本当の健康的なダイエットだと感じています。

ダイエットには多くのダイエットがありますが、私はこの方法が一番適している感じがしています。

私のこれからのダイエットの目標は、もう三キロダイエットをすれば二年前の体重に戻るので、それを目指して今もダイエットを続けています。

今までは、ダイエットと言えばサプリメントを飲む程度のダイエットだけでした。
サプリメントによるダイエットは、私には全然効果は有りませんでした。

今は病院の先生に本当に感謝をしています。これからも続けていく気持ちです。

私は今は一週間に二度のスイミングと、週に一度のジムと、朝の毎日のジョギングでダイエットをしていますが、今の状態を維持していけば、私でも継続してダイエットに努めることができる気がします。

やはり太るというのは、男性でも女性でも体にとっては、何一ついい事はないとお医者さんは言っていました。

妻も、ダイエットに成功した私を見て、私と同じことをしています。

これからも妻と二人で、健康な体を作るために、ダイエットを続けて行きたいと考えています。

食事療法は一切していなくても、ダイエットは出来るのだと分かりましたので、私は食事は今でも前よりも食べています。

しかし体重は増えません。体がもう覚えてしまって、増えないのかもしれないです。

これからもずっと続けて行きたいと考えています。

理想のダイエット方法

ダイエットは男性女性問わず一度ならチャレンジしたことがあるでしょう。

やはり肌を露出することが多くなる夏が近づくにつれて、ダイエットをする方は急増します。

でもなかなか成功しないという方も多いです。

やはりダイエットは絶対痩せようと思う気持ちが大きく関係してきます。

「明日から頑張ろう!」と考えてしまうとなかなか成功しません。

なぜなら「もっと食べたい、甘い物が食べたい!」という衝動に我慢しなくてはいけないので、意思が弱いとすぐに挫折してしまいます。

我慢しずぎはストレスにり、ダイエットの妨げになってしまうので良くありませんが、ある程度の我慢は必要になります。

まずは痩せたいと思う強い気持ちが大事です。

ただし、モチベーションをダイエットしている間ずっと保つのは大変です。皆さん、自分に合ったモチベーションの保ち方を探してみましょう。

例えば有名人の方のような素敵な体型になりたい場合は、その方の写真やポスターを貼ってみたり、自分でモチベーション日記をつけてみるのもいいでしょう。

好きな有名人やモデルさんの雑誌の切り抜きなどを貼り、いつも見たりというのも効果的です。

他にも自分で目標を大きな紙に書き、部屋に張ったりというのも効果的です。

では実際にどんなダイエットがいいのでしょう。

様々なダイエット方法から自分に合うダイエット方法を探すのはかなり大変でしょう。

自分は食事制限をメインにするのか、運動をメインにするのか決めると良いでしょう。

ただどちらも行うことが効果的で理想なのでメインを決め、あとはキッチリ決まりを作らず、行える時に行うのが良いでしょう。

ストレスはダイエットの敵

先程もお話しましたが、ストレスはダイエットの敵です。

ストレスを強く感じると痩せにくくなってしまいます。

なので全てをキッチリ決める必要はありません。

たとえば、食事制限を行いながら毎日寝る前に5分ほどストレッチ、ウォーキングは週に2日ほどなど。

食事制限も抑えすぎると我慢ができなくなり、継続できません。

食事は朝昼はしっかり食べ、夜炭水化物を減らす。もしくは朝しっかり、昼軽め、夜少なめで朝からだんだん食事量を減らしていく。

これだけでも効果は現れますが、運動をプラスすることにより、引き締まった体を手に入れることができます。

可能であれば、お風呂は湯船につかると疲れも取れ、さらに代謝も上がります。

夜もぐっすり眠れます。睡眠不足はダイエットの敵です。

遅くまで起きていると、夜中お腹が減ってきて間食してしまったり、次の日いつもよりも食欲が出てしまいます。

自分に合ったモチベーションの保ち方、ダイエット方法を見つければ、ストレスなくダイエットに成功するでしょう。

色々なダイエット方法を試して気づいたこと

今までいろいろなダイエットに挑戦してきました。

バナナダイエット、りんごダイエット、炭水化物抜きダイエット、水ダイエットなどです。

テレビや雑誌などで情報を得えたり、流行りのダイエットや話題のダイエットなどは試してみるのですが、やはりどれも長続きしません。

痩せたとしてもすぐリバウンドしてしまいます。

一番よかったのは、ダイエットをすると言うよりは、食生活を正すことでした。

バランスのとれたメニューでしっかり食べることです。間食は食べ過ぎに気をつけます。

間食もしたいし、外食で友達とワイワイ楽しい時間も過ごしたいです。

ダイエット中だからと言う理由でやりたいこと、食べたいものを我慢すると余計にストレスがたまり反動でやけ食いしてしまうのが一番ダメです。

普段から食生活に気を付けて生活していると、体重増減もあまりしません。

すこし食生活が最近乱れていると思ったら、しばらくの間、頑張って食生活に気を付けて生活すると自然と体重も減ります。

普段から規則正しく、食生活も正しているとそれが習慣になり極端なダイエットをしなくてもよいのです。

意識の問題です。自分でうまくコントロールすることで、体重維持は簡単にできます。

具体的に、食生活を正すと言ってもそう簡単ではありません。

しかし一度身に付くと、簡単です。食品を卵・乳製品類、タンパク質類、野菜類、炭水化物類に分類して、それぞれバランスよく摂取していくのです。

例えば、朝牛乳、ハム、ホウレンソウ、パンを食べます。

これで4種類摂取できました。量の配分は、炭水化物類は少なめに摂取します。野菜は食べ過ぎになることはそうありません。たくさん食べても大丈夫です。

昼食はチキンオムライスを食べたとします。

材料としては卵、チキン、玉ねぎ、お米なので、これでバランスは取れています。

ただ量はやはり野菜が少ないです。トマトを追加で食べたりするのが理想です。

オムライスはどうしても卵が多めに、炭水化物も取り過ぎになりがちです。でも仕方ありません。

つじつま合わせで夕食時に炭水化物を少なめにして一日の摂取量をコントロールするのです。

夕食は、肉じゃがにします。ごはんは少量にします。肉じゃがにはタンパク質である肉類、野菜類である人参、玉ねぎが入っています。

このような感じで一日の摂取量はバランスが取れたので良しとします。

毎回バランスの良い食事をするのは無理があります。

一日単位で考えるとつじつま合わせもしやすく、無理なく続けられます。

3ヵ月坊主の夫のダイエット、痩せるのは簡単だがリバウンドが防げない

学生時代に出会った頃の夫は、172センチ60キロと、見るからにスリムでした。

あれから、25年の月日が流れ、現在171センチ85キロとなった夫は、まるで別人のようです。

自分が太るなんて想像もしていなかったという夫は、この25年間の間に、何度かダイエットに挑戦しました。

フルタイムの仕事を抱え、息子2人の子育てで毎日がいっぱいいっぱいの私は、夫のダイエットに関して、食事療法などの協力はできません。

すると夫は、それは全然かまわないから、ただ、頑張る目標として、10キロやせたら10万円のご褒美をくれというのです。

10キロはなかなか達成できないだろうという思いと、不健康な体でいるよりは痩せて欲しいという思いの両方があって、その条件はのむことにしました。

こうして、夫のダイエットは始まりました。

夫のダイエット方法は夕食時のお米抜きと長めのお風呂、これで10キロの減量に成功

夫のダイエットは始まりましたが、特に特別なことはしていません。

ただ、お風呂に入る時間が長くなったのと、夕食時にお米を抜くようになったということだけです。

逐一、夫のダイエット状況を把握していたわけではありませんが、夫の体重はあれよあれよという間に落ち、3ヶ月を待たずして、目標の10キロ減を達成してしまったのです。

こうして、約束の10万円が支払われると事になりました。

ダイエット成功により、見た目はスッキリして良いものの、それまで着ていたスーツが合わなくなるなど、頭の痛い問題も発生しました。

それでも健康には変えられないと、丸ごと買い換えることにしたのです。

しかし、ダイエット成功に喜んだのもつかの間、また食事などを元通りにした結果、体重もまた10キロ元通りに増えてしまいました。

いわゆるリバウンドです。「約束違反にあたるのでは」と、10万円の返還を要求しましたが、10キロ痩せた事実があると、がんとして譲りません。

それから数年の時をおいて、また10キロやせるから10万円という提案を夫がしてきました。

また、了承すると、きちんと3ヶ月で10キロ痩せてみせるのです。夫はダイエットなど簡単だといいます。

ただ痩せるだけならいつでもできると豪語し、リバウンド時やダイエット成功時の様々な体型に合わせられるよう、クローゼットにはサイズ違いのスーツがたくさん揃えられています。

夫にとっての、目下の課題はダイエットではなく、リバウンドしない方法を見つけることです。

リバウンドしないための、有効なご褒美はあるでしょうか。

また丸く膨らんだお腹を見ながら、夫の3日坊主ならぬ3ヶ月坊主を克服する方法を日々模索する毎日です。

部分痩せに有効な方法と継続性が求められるダイエット

全身の脂肪を落とすダイエットがあれば部分的な脂肪を落とすダイエットがあります。

全体的に落とすには食事制限や運動によるダイエットが効果的で、総合的な脂肪燃焼効果は大いに期待できるものになります。

しかし脂肪には落ち易い場所と落ち難い場所があるため、アンバランスな体型を作ってしまう危険性が予想されます。

脂肪は筋肉とも関係しており、よく使う筋肉ほど脂肪が付き難く、あまり使わない筋肉では脂肪が付き易いことが特徴です。

代表的な場所としては下腹部や二の腕、背中などが挙げられますが、部分痩せや食事制限で解決できない特徴があるため、運動方法を変更する工夫が必要になります。

下腹部であればバランスボールが最適ですが、メリットとしては座っているだけでも普段使うことの少ない筋肉を使うことやバランスを保とうとすることで姿勢が良くなります。

また姿勢が悪さが原因で起こっていた腰痛や肩凝りを緩和することができます。

二の腕の脂肪は押す作業をすることで落とすことができます。

日常生活において持つ動作は多々ありますが、押す動作はほとんどありません。

壁に向かって腕立て伏せをすることで背中の脂肪も同時に燃焼させることができます。

また、胸の前で手のひらを合わせて力を入れると普段つかっていない筋肉を動かし、脂肪を効率良く燃焼させます。

落ち難い脂肪を効率的に減らすために脂肪吸引が利用されることがあります。

脂肪吸引とは皮下脂肪を取り除いて脂肪細胞そのものの数を減らす特殊な部分痩せです。

しかし内臓脂肪には手を出せないことで隠れ肥満を作ってしまう可能性もあります。

脂肪吸引の正しい利用法は、ある程度痩せた人が行うことです。

内臓脂肪をしっかり落としてからの利用が望まれます。

こうした条件に当てはまるのであれば脂肪吸引も立派なダイエット法になります。

ダイエットは痩せるための行為ですが、体型を維持するためにはダイエットと同じほどの努力が必要です。

食事制限に慣れてしまった体は以前より少ないエネルギーで活動できることが可能になり、ダイエット前に食べていた量まで戻すと見る見るリバウンドを起こします。

体が慣れていても精神が慣れていないアンバランスな状態を作り出さないように、食事制限にはある程度の余裕を持たせて食べたいものは時には食べることが必要です。

そしてそれを補うための運動は必要不可欠で、健康な体を維持するための大きなエネルギーになります。

部分痩せで落とした部位は脂肪が一番付き易い場所です。

折角の努力を無駄にしない継続性がダイエットには求められます。

効率的なダイエットとは

現在ダイエットを行いたいと思っていても、なかなか有効的な手法が見つからないなどという方がいるかと思います。

インターネットや書籍などで調べてみると、本当に様々な種類のダイエット方法があるので自分に合ったダイエット方法はどれなのか分からないと悩んでしまうのもしかたがないことでしょう。

誰にでも簡単に苦労なく行えるダイエットなどありませんし、体質によって痩せやすい痩せにくいというのもあるので同じダイエット方法を試しても個人差が発生してしまうのも致し方がないことです。

では痩せにくい体質の方はダイエットを諦めなければならないのかというとそうではありません。

多少年齢を重ねた状態でも体質を変えることは可能なのは広く知られている事実だからです。

体質を痩せやすいものに変える最も有効的な手段としてインナーマッスルを鍛えこむという手が上げられます。

何も腹筋が割れるまで鍛えこむ必要はありません、腹部に付いている脂肪の内側にある筋肉を適度に鍛えることで新陳代謝を活発にして脂肪の燃焼を促すという効果が得られます。

体に筋肉が多く付いていればそれだけで脂肪の燃焼率は大きくなります、痩せにくい体に悩む方は筋力トレーニングから入るといいでしょう。

ある程度体に筋肉が付いてくると脂肪が燃焼しやすい体に変わりますが、一度付いた筋肉を放置しておくと一気に脂肪に逆戻りしてしまいます。

そのため肉体維持のためには適度な運動を週二回程度行う必要があり、その際筋力トレーニングだけでなく有酸素運動を取り入れるようにすると効率よくダイエットができるようになります。

筋力トレーニングを行う前にランニングや室内バイクを利用して有酸素運動を三十分程度行うことで、脂肪の燃焼しやすい体を作ることが可能となります。

これは有酸素運動を最初に行うことで体内はより多く酸素を溜め込もうとします。

その後筋力トレーニングを行うことで筋力の増加と脂肪燃焼を同時に行うことができるという訳です。

非常に効率のいいダイエット方法と言えるので参考にしてみてほしいです。

一度筋肉質な体を作ってしまえばただ座っているだけでも消費エネルギー量は増加します、最初の一ヶ月くらいは筋肉痛に悩まされるかもしれませんが長期的に見れば楽に肉体維持をできるようになるので頑張ってみてほしいです。

トレーニングジムに行かなくても自宅内にあるイスなどを利用すれば効果的な筋力トレーニングを行うことができるので調べてみてください。

うまくダイエットする方法とは

ダイエットのいい方法とはなんでしょうか。

食事制限に運動やサプリ。大体はそんな感じですよね。

でも、食事制限は実はあまりよくないんですよね。

無理に少しだけしか食事を取らない方法ですと無理がでますし、色々ビタミン不足になりかねないです。

仮にダイエットできましても、必ずリバウンドすることになります。食事制限だけではうまく痩せられないのが現実です。

それでは、どういう方法なら確実に痩せるかというと、過剰に食事制限するのはお薦めできませんけど、いつもの食事を少し変えるといいです。

例えば、朝食には玄米ご飯を食べたり、ヨーグルトやフルーツなどもあるといいです。魚や野菜たっぷりのお味噌汁などもいいです。

昼食も同じような感じで、夕食は温野菜を食べたり、低カロリーのお肉などを食べるといいです。

温野菜のドレッシングはカロリーが低いものを選ぶといいです。

白米でもいいですが、玄米の方が効果あります。茶碗も子供用のもので食べたりワンプレートの方がいいです。

飲み物もお茶や野菜ジュース、青汁なんかお薦めです。

少しお腹がすいたら、カロリーゼロのお菓子や、ゼリーなどでお腹を満たすといいです。

朝食にバナナを食べると便秘の解消にもなります。

では食事の見直しだけすればダイエットは成功するのかと思うと、そうではないです。

やっぱりダイエットには運動が必要です。

ここで間違えやすいのが激しい運動をして汗をいっぱいかいたら、ダイエットにいいと思ってることです。

激しい運動ですと長く続かないですよね。長い時間体を動かすのがいいですから。

ただダイエット方法は自分に合ったものを見つけないといけないです。

他の人が痩せられても自分は全然痩せられないって事もありますし、水泳でもヨガでも一通りやってみるといいです。

半年は続けるつもりで頑張らなければいけないです。

毎日体重計を測って全然痩せないからと途中でやめてしまう方もいますけど、簡単には痩せることはできませんので、長く続けていくとリバウンドも怖くないです。

人それぞれ体質は違いますので、食べても食べても全然太らない人もいれば、食事制限もしたのに、全然痩せない人もいます。

まずは痩せやすい体をつくるのもいいです。基礎代謝をあげる飲み物もたくさんありますから。

女性なら心配なのが便秘ですよね。これが解消されれば効果も2倍になりますし、毎朝バナナを食べるかセロリなどの野菜を食べるのもいいですね。飽きずに長く続けられるかが問題です。

ダイエットが必ずしもいいものではない

女の子なら一度はしたことのあるダイエット。

何歳になってもきれいでいたいと思うのが女の子。

歳とともに贅肉が増えていき、それを見るたびにダイエットをしようとがんばる。

私もそのうちの一人だ。

私は小さい時から太っていて何度もダイエットの経験があります。

いろんなダイエットをしました。

リンゴダイエット、バナナダイエット、健康食品ダイエットなどを試しましたがどれもその時は痩せるのですが普通の食事に戻ると増えるの繰り返しでした。

中学高校と、バドミントン部に所属していたせいもあって、食べても食べても太らずたかをくくっていたら、高校卒業後急に体重が増えだし大変な事になってしまいました。

高校卒業後はアルバイトをするようになり、自分で使えるお金も増えたのをきっかけに外食を毎日のようにするようになり、夜中などにはアイスやお菓子などを食べ始め、その結果太ってしまいました。

これではいけないと思い、スポーツジムにも通うようになりました。

スポーツジムに通っている間は順調に痩せていくのですが、やっぱり少しでもさぼると元に戻るという悪循環からぬけだせなくなっていました。

なぜ太ってしまうのかは自分でもわかってるつもりなのですが、なかなかうまくいくことができませんでした。

いろいろなダイエットを経験してきた上で言えることは、食事制限も大事だけど健康でいるには体の中からきれいにしていかないといけないこと。

運動というのはダイエットにはかかせないものだということ。

ダイエットというのは、バランスが一番大事なのだということ。

そして気力。

考え方ひとつで、体重が増えるか減るか変わってくるのがすごくわかりました。

一番難しいのは気力です。

ケーキが食べたいと思ってそこでどれだけ我慢できるか。

我慢強さもかなり重要になってきます。

私にはその我慢強さが少し足りないのです。

それは誰にもどうすることもできないものであり、本人自身が自覚をもってダイエットにはげんでいかないといけないものなのです。

ここ最近では、ダイエットというと女の子ばかりのイメージだったのが若い男の子がダイエットしているというのを良く聞きます。

その上みんな太っているわけではないのに。おかしな世の中になってきました。

太ってる人がダイエットなど気にせず毎日過ごしているのに、痩せている人の方がダイエットを気にして毎日過ごしているのです。

痩せすぎも体には良くないのは誰もが知っているのですが、その人のベスト体重というのがあります。

それを見つけることによって健康体を作っていけるのです。